日本で導入が進む理由と種類について

トップページ > ウォーターサーバーの選び方と安全性 > 普及が進むウォーターサーバー

日本でも広まるウォーターサーバー

ウォーターサーバーとは、水を保存するボトルと冷水・温水を出すディスペンサーで構成された器具です。

サーバー本体からは、温水と冷水がいつでも飲め非常に便利。水のボトルは宅配によって提供されるため、水道費がかかりません。一方、電動式のため電気代がかかることや、水のボトルに雑菌を繁殖させないために定期的なメンテナンスが必要な面もあります。

もともとウォーターサーバーは、水質の悪い欧米で普及した水の宅配サービスがもとになっています。不衛生な水や、飲用に適さない水が多い欧米では「水はお金を出して買うもの」というのが常識。ウォーターサーバーは一般家庭でも当たり前に使われています。

日本でその存在が知られるようになったのはごくごく最近のことです。もともと水質が良く、安全な水が豊富に手に入る日本では「水は無料で当たり前」というのが常識でした。しかし現在では、水の安全性や衛生面での意識が高まったこともあり、安心でおいしい水を提供するため商店や企業を中心にウォーターサーバーの導入が増えています。

最近では水の宅配会社が増え、サーバーの大きさ、水の種類、宅配業者もいろいろに選べるようになりました。家庭でも少しずつ、利用が増えています。

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーにはレンタルの仕方やボトルの使い方によっていくつか種類があります。

サーバーレンタル式
水の宅配会社からウォーターサーバーをレンタルして使う方法です。レンタル料は無料・有料ともにあり、宅配会社によって異なります。
サーバー買取式
ウォーターサーバーを自分で購入して設置し、水のボトルだけを宅配してもらう方法です。サーバーのメンテナンスは自分で行う必要があります。
ワンウェイ方式
1回使い切りのボトルを使用するウォーターサーバーのことです。給水時に水が空気に触れないため衛生的です。ボトルは小さくたたんで捨てられるため、ゴミが少なくてすみます。
リターナブルボトル方式
水のボトルを繰り返し使用するウォーターサーバーのことです。水の宅配と回収が同時に行われ、回収されたボトルは再び検査・処理されて再利用されます。ゴミが出ないため環境にやさしい方法です。
Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車