色々と確認すべき点の多い契約時の注意点

トップページ > ウォーターサーバーの選び方と安全性 > ウォーターサーバーの契約方法とコスト

申し込む前に確認すべきポイント

ウォーターサーバーを使用する際は、サーバー本体と水のボトルの他、水の配送料や最低注文数、サーバー本体のレンタル料(購入料)、メンテナンス費用など検討しなければならない項目が多くあります。それぞれの検討のポイントを詳しく見ていきましょう。

サーバー本体の費用について

ウォーターサーバーを使用する場合、サーバー本体については2つの方法があります。

  • [一般的] サーバーをレンタルする(月1000円~または無料)
  • [稀] サーバー本体を購入する(本体3万円~10万円ほど)
サーバーをレンタルする(月1000円~または無料)
サーバー本体を月々レンタルする方法です。月1000円ほどで提供しているところが多いため、年間で考えるとレンタル料は約12000円ほどという計算になります。最近では「サーバーレンタル料無料」を打ち出している宅配業者が増えています。業界的にレンタルが一般的な形態となります。
サーバー本体を購入する(本体3万円~10万円ほど)
ウォーターサーバーそのものを購入してしまう方法です。サーバー本体の価格は3万円~10万円ほどと開きがあります。サーバー本体と水のボトルの組み合わせは専用のものであることが多いため、サーバーを購入してしまうと簡単には宅配業者を変えることができなくなります。同じメーカーで長くウォーターサーバーを使いたい等の場合、検討してみましょう。

最低注文数について

ウォーターサーバーの業者によっては、水のボトルの月ごとの最低注文数が決まっていることがあります。契約中は必ず決められた最低注文数以上のボトルを購入しなければなりません。毎月最低本数のランニングコストをよく考える必要があります。

ボトルが不要な月は注文をストップできる業者もありますが、まずはどの業者が最低注文数を設定しているかを調べるとよいでしょう。

無料お試し期間と解約費用について

ウォーターサーバーの業者の中にはお試し期間を設けている会社があります。2週間~1ヶ月ほどの期間でウォーターサーバーの使い勝手や水の味を確かめることができるので、ウォーターサーバーを選ぶ際には是非試したいところです。

一方で、ウォーターサーバーを解約する場合、解約にかかる解約手数料も知っておく必要があります。解約手数料は「解約手数料無料」「1年未満で○○円」「○年以上使用で解約手数料無料」など、業者によってさまざまです。

意外と見落としがちなポイントなので、本契約の際にはしっかりと書類を確認することをおすすめします。また、解約の際にはウォーターサーバーを返却する送料も必要ですので、自己負担か会社負担かも確認しておきましょう。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車