宅配水のボトリング工程とサーバー本体の主な機能

トップページ > ウォーターサーバーの選び方と安全性 > ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリット

  • 安全な水が自宅に届くので便利
  • 天然水やRO水など好きな水が選べる
  • 無料お試しが使える
  • 冷水・温水がいつでもすぐに使える
  • 水道費が抑えられる
  • 災害時の備蓄水として使える
  • 料理や飲用においしい水が使える

ウォーターサーバーのメリットは、おいしい水が自宅に届けられること。水の種類は安全性の高いRO水からミネラル成分豊富な天然水までいろいろです。水の味を楽しみたい人や、ミネラルウォーターが好きな人には特におすすめと言えます。水のボトルは備蓄水としても使えるので、万が一の時でも安心です。

ウォーターサーバーが嬉しいのは、冷水・温水がいつでも出せること。コックをひねるだけで水もお湯も使えるため、料理やミルク作り、お茶の時間にも便利です。

水のボトル代と電気代は必要ですが、水道代を抑えることができます。水の宅配会社によっては「無料お試し期間」を用意しているところもあるので、ウォーターサーバー選びを自由に楽しめるのも嬉しい点です。

ウォーターサーバーのデメリット

  • 天然水は最低限の熱殺菌処理しか施してない場合がある
  • ランニングコストがかかる(電気代・ボトル代)
  • サーバー上部に水ボトルを設置するタイプの場合、ボトルを持ち上げるのに力が必要
  • 独自の手数料や注文ノルマがある場合がある
  • 宅配エリアによっては注文できないことがある
  • メンテナンスが必要

ウォーターサーバーのデメリットは、電気代がかかること。ウォーターサーバーの電源を切ってしまうと、タンクの中にカビや雑菌が発生してしまうことがあります。開封したボトルの水質を維持するためにも電気代が必要です。また、ボトル代は水の種類や宅配会社によって開きがあるため、よく選んで注文することが必要です。

また、宅配会社によっては注文ノルマが決まっているところもあります。注文ノルマとはひと月に最低限注文しなければならない水ボトルの数です。ノルマがない宅配会社もありますので、契約時によく確認しておくことが必要です。また、「1年未満の解約で手数料○○円発生」といったルールがある場合もあるので、合わせてチェックしておくことを忘れないようにしたいですね。

徐々に普及しつつあるウォーターサーバーですが、まだまだ宅配エリアが限られているところもデメリットです。自分の住んでいる地域に宅配してくれるかどうかをしっかり確認するようにしましょう。また、衛生的に水を飲むためにはウォーターサーバーのメンテナンスが必要です。メンテナンスの時期・費用なども、利用の際にかかることを覚えておきましょう。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車