シンク周りのスペースを圧迫せずに本格浄水

トップページ > 浄水器の種類と選び方 > 流し下に設置できるアンダーシンク型浄水器

省スペースなアンダーシンク型浄水器

アンダーシンク型の浄水器は、キッチンのシンク下に設置するタイプのものです。その特徴を見てみましょう。

アンダーシンク型浄水器の特徴

  • 流しの下に組み込むのでキッチンがスッキリする
  • 水栓のデザインが変えられる
  • フィルターが大きいため交換時期が長い(年1回程度)
  • 浄水性能が高い
  • 価格帯は幅広いが比較的高額(2万~10万円)
  • 取り付けの際に工事が必要なケースも

流しの下にフィルターを置くのでシンクまわりがスッキリするメリットがあります。水栓のデザインも好みのものに変えられるため、スタイリッシュな水回りに憧れる人には特に人気です。フィルターも大型なため、高性能なものが多く、年1度程度の交換で済む点も魅力的です。

アンダーシンク型のデメリットは、取り付けの際に工事が必要なケースがあることです。取り付け工事費は本体価格とは別になります。住宅建設などの際に予めアンダーシンク型の浄水器をシンクに組み込むことも可能です。価格帯は幅広く、2万円台のものから10万円近くするものまでさまざまあります。

こんな人におすすめ!

アンダーシンク型浄水器がおすすめなのはこんな使い方をしたい時です。

  • 浄水器そのものを隠したい
  • シンクまわりをスッキリさせたい
  • カートリッジ交換をマメにするのは面倒
  • 高機能なろ過機能が必要
  • 水栓をおしゃれにしたい

アンダーシンク型浄水器は、浄水器本体をシンク下に置き、シンク上には水栓だけというスタイルです。そのため、水回りが狭い過程やシンクをスッキリさせたい人には特におすすめです。

フィルターが大きいためカートリッジ交換の手間が少ない点も便利なので、こまめな交換が面倒な人にも向いています。その代わり、設置の際には工事の可能性があることと、初期費用がかかる点に納得できる人出あれば、便利な浄水器といえます。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車