有害物質除去力が高く安全性に優れたタイプ

トップページ > 浄水器の種類と選び方 > 性能で選ぶなら据え置き型浄水器

本格的な浄水機能が欲しいなら「据え置き型」

据え置き型の浄水器は、キッチンのシンク上に浄水器を設置し、水道水から引き込んだ水をろ過して使うタイプのものです。その特徴を見てみましょう。

据え置き型の浄水器の特徴

  • 有害物質の除去性能が高いものが多い
  • フィルターの寿命が長い(6ヶ月~1年)
  • キッチンのシンク上に置いて使うため設置場所の確保が必要
  • 調理向きの軟水を生成できるものがある
  • 取り付け可能蛇口が限られている(分岐水栓で使用可能)
  • アルカリイオン水を整水できるタイプもある
  • 比較的高額(3万円~)

据え置き型の浄水器は、シンクですぐに使える上、浄水機能が本格的な点が高く評価されています。本体が大きいため、フィルターの寿命が長くカートリッジの交換期限も長く、ランニングコストの点でも安心です。設置には取り付け可能な蛇口が決まっていますが、基本的には工事なしで取り付けることができます。

据え置き型の浄水器はろ過機能だけでなく、水のおいしさにこだわったものが多いのも特徴です。お米をたくのに向いた軟水が作れるものや、体に良いといわれるアルカリイオン水が生成できる機能をつけた「浄水整水器」も登場していて、より水をおいしくしたい人にピッタリです。

機能が豊富な据え置き型の浄水器は、蛇口直結型やポット型と比べるとやや高額になります。売れ筋商品の価格帯としては、3万円前後のものから、5~8万円ほどが中心。それ以上に高額なものも登場しています。

こんな人におすすめ!

据え置き型浄水器がおすすめな人はこのようなタイプの人です。

  • 料理に使う水にこだわりたい
  • より安全な水が飲みたい
  • フィルターの交換は年に2回程度がいい
  • 蛇口のすぐそばで使える浄水器が欲しい
  • ミネラルウォーターを買わずにすませたい
  • 工事をせずに本格的な浄水器を使いたい

据え置き型浄水器は本格的な浄水機能がポイントです。より多くの有害物質を除去し、安全な水を安心して飲みたい人におすすめです。

軟水やアルカリイオン水を作れるものもありますから、料理の水にこだわったり、ペットボトルのミネラルウォーターを買う手間を省きたい人には特に向いています。フィルターの交換時期が比較的長いため、ランニングコストを重視する人にも向いている浄水器です。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車