形状や設置場所、用途で使い分ける

トップページ > 浄水器の種類と選び方 > 家庭で手軽に導入できる浄水器

水道水をより安全に使える「浄水器」

水道水の殺菌消毒には塩素が使用されています。この塩素は残留塩素となって残る上、発がん性が指摘されるトリハロメタンを生成します。

また、浄水場ではカドミウムやヒ素、シアンや大腸菌といった多くの有害物質が安全基準値以下になるよう管理されていますが、目に見えない水だけに「そのまま使うのは不安」と感じる人も多いようです。

水道水をより安全につかうための装置が「浄水器」です。浄水器とは各家庭の蛇口や給水栓に取り付け、水をキレイにする装置です。水道水を浄水フィルターに通すことで、次亜塩素酸(塩素)や有機物、カルシウムやマグネシウム、微生物などを除去します。フィルタはカートリッジに組み込まれており、カートリッジを期限ごとに取り替えることで、浄水機能を維持することが可能です。

日本の水道水は厳しい安全基準値をクリアした安全なもので、水質の悪い国に比べるとその必要性は低いとも言われています。しかし「より安全な水を使いたい」「水道水をおいしく飲みたい」という場合には、浄水器をつかうのがよいでしょう。

用途や設置場所で選べる豊富な種類

浄水器の種類は値段も形も使い方もいろいろです。代表的な浄水器の種類をみてみましょう。

蛇口直結型
蛇口に取り付けるタイプの浄水器です。
一番多く使われているタイプで、手軽で安価なのが魅力です。
据え置き型(シンクトップ)
シンクに直接浄水器を設置して使用します。
蛇口型より大きめなのでフィルタが長持ちし、ろ過機能も高性能なものが多いです。
アンダーシンク型
キッチンのシンク(流し台)下に設置するタイプの浄水器です。
システムキッチンの場合、備え付けてあることもあります。
邪魔にならずスッキリ置けるのが利点です。
ポット型
ポットの中にカートリッジを組み込んであるタイプです。
水道の水を注ぐだけで浄化できるため、手軽で持ち運びも簡単です。
シャワー型
キッチンや風呂場のシャワーに取り付けることで、肌当たりのよい水にします。洗顔や洗髪、スキンケアにこだわりたい人におすすめです。
ストロー型
災害時など水の安全が確保できない時に、ストローとして使うことで水をろ過できるものです。防災グッズの中に入れておくと安心です。

浄水器の使い道は「おいしい水を飲む」以外にも、「肌に当たる水をソフトにする」「調理に向いたおいしい水を作る」「節水する」「災害時でも安心して水を飲める」といった用途があります。浄水器の価格は数千円~数万円程度で、ホームセンターや家電量販店で購入することができます。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車