水道の水に異変を感じたときの対応

トップページ > 水道水の現状とリスク > 水道水の異変に気づいたら

水道水が変だな?と思ったら

普段、何気なく使っている水道水。日本の水道水は各都道府県の水道局や水道部が中心となって、管理・整備されている安全なものです。ですが災害や事故などの時には安全性が確保されないこともあります。水道の水を出してみて「おや?」と思ったら注意が必要です。

水道水の異変

水が赤い … サビの混入
水道から赤い水が出る時は給水管のサビなどが原因のことが多いようです。朝一番の水で起こりやすいので、しばらく水を出しっぱなしにし、赤さがなくなってから使うようにして下さい。
水が青い … 藻の発生・銅の混入
水はもともと少し青みがかっているのですが、普段よりも青みが強い時は銅の混入や給水用水槽への藻の発生が疑われます。これはどちらかというと、給水管や水槽そのものの問題なので、給水管を取り替える、丁寧に洗浄する、などで解決出来ます。
水が濁る … 水道管内の空気の混入
水道管の中に溜まった空気が細かい泡となって放出されると、一時的に水が濁って見えます。しばらく水を出しっぱなしにすると透明になります。
水に黒いものが混ざっている … ゴムパッキンの混入など
水の中に黒いものが混ざる場合、給水管の栓に使われているゴムパッキンが劣化し水に混入していることが考えられます。しばらく水を流して問題がなければOKです。パッキンを交換することで解決します。
水が臭う … カビ・シンナー、硫黄などのの影響
水道水は塩素で消毒しているため、塩素臭さ(カルキ臭)があるのは仕方のないことです。気になる場合は5分間煮沸するとニオイがとれます。
カルキ臭以外に「カビ臭い」「シンナー臭い」「硫黄臭い」などのニオイがある時は、配管の劣化や工事などの影響があると考えられます。ニオイがある時は水を飲まずに生活用として使いましょう。気になる状態が続く場合は、最寄りの水道局に連絡するなどして下さい。

水道水の異変は、水そのものの異変というよりも、給水管や配水管、水槽、自宅の水道管が原因で起こることもあります。異変に気がついたら水を飲まず、不安なことは最寄りの水道事業者に連絡するようにしましょう。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車