水道水の浄水過程と水質基準について

トップページ > 水道水の現状とリスク

自然の水に含まれる有害物質

水の汚染とその影響

自然の水には人体に必要なミネラル分や、有害な毒素が混ざっています。良いものも悪いものも溶かしこむ水の性質。水がものを溶かす仕組みを元に、自然の水に含まれている有害物質のリスクについて紹介します。

浄水場で行われていること

浄水場の役割と処理の仕組み

日本の水道水は浄水場で作られています。ここでは人がそのまま飲める水を供給するため、さまざまな手順で水を浄化しています。具体的に行なっている水への取り組みと、浄化の手順について見てみましょう。

塩素を使って殺菌する理由

殺菌消毒に必要不可欠な塩素の特徴

浄水場での殺菌処理に塩素が使われていることはよく知られています。しかしなぜ塩素なのでしょうか?その特徴や塩素を使った殺菌消毒のメリット・デメリットについて紹介します。

残留塩素とトリハロメタン

水道水の残留塩素とトリハロメタンについて

水道水のリスクとして残留塩素が挙げられます。殺菌消毒のために使われた塩素が、残留してしまう理由。発がん性が指摘されるトリハロメタンが生成される原因と、その危険性について紹介します。

日本の水質基準と安全性

水道法が定める水質基準の現状

水の安全を意識する上で、法律上の水質基準を知ることはとても重要です。日本では厚生労働省が定めた水道法に基づいています。水質基準項目や水質管理目標設定項目、要検討項目の具体的な内容について紹介。

世界の水質基準との比較

日本と世界(WHO、EPA、EU)の基準値の比較

WHOや米国EPAなどの水質基準と日本の基準とはどう違うのでしょうか。世界と日本の違いを比較。大腸菌やヒ素など具体的な項目と数値からも日本の水の安全がわかります。

水道水を安全に美味しく飲むために

なるべく水道水を安全に美味しくのむ4つの工夫

蛇口から直接水を飲めるのは日本ならではです。だけど、そのまま飲むには気になる…。そんな水道水を美味しく飲むにはどうしたらいいのでしょうか?安全に美味しく飲む工夫を紹介します。

水道水の異変に気づいたら

水道の水に異常が生じた際の対処について

毎日何気なく使っている水道水に異変が現れることがあります。色やニオイ、濁りなど…。何か変だなと感じたとき、どうすれば良いのでしょうか?考えられる理由、必要な対処法について紹介します。

このカテゴリーの説明

日本の水道普及率は97%。家庭で使われる水のほとんどが水道を通して供給されています。それはどのようにして私たちの家庭に運ばれてくるのでしょうか。蛇口から水が出るまでを、上水道の仕組みや浄水場での浄水過程を簡単に紹介します。

浄水場では殺菌消毒のために塩素を使用しています。その塩素の特徴とメリット・デメリットから、消毒の過程で生まれるトリハロメタンについても知ることが大切です。

安全を守るために定められている日本の水質基準の内容と、世界の基準との比較。安全に美味しく飲むためのヒントと、異変に気づいた時の対処法についてもあわせて紹介します。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車