携帯しやすく備蓄にも最適!

トップページ > ペットボトルの安全性とリスク > ペットボトル水の上手な使い方

手軽で便利なペットボトル活用法

普段でも飲む機会の多いペットボトル入りのミネラルウォーター。その具体的な活用法を見てみましょう。

普段の飲料水として
ペットボトル入りミネラルウォーターは、スーパーやコンビニエンスストアなどで手軽に買えます。よく見かける500mlや1Lのペットボトルだけでなく、持ち運びに便利な330mlやたっぷりめの750ml、備蓄用にぴったりな1.5Lサイズまで大きさもさまざま。いろんなミネラルウォーターを飲み比べて好みのものを探すのも良いかもしれません。
運動時の水分補給に
携帯に便利なペットボトル入りミネラルウォーターは、移動中や運動時の水分補給にぴったりです。特に汗をかく夏や、妊娠中の妊婦、運動量の多い子どもには水分補給が欠かせません。忘れずにペットボトル入りのミネラルウォーターを持って行きたいですね。衛生面が心配なので、開栓したあとはできるだけ早めに飲み切るようにしましょう。
備蓄水として
いざというときに水がなければ困るもの。災害時の備えに飲料水のストックは欠かせません。ペットボトルは長期保存に向いた素材のため、防災用の備蓄水として活躍します。冷暗所で開封せずに保存しましょう。ときどき賞味期限をチェックして、期限切れのものは皿洗い用の水、手洗いうがい用として使うと無駄がありません。
赤ちゃんのミルク作りに
軟水のミネラルウォーターは赤ちゃんのミルク作りに最適です。水道水が使えない時でも、ペットボトル入りの軟水があれば赤ちゃんのミルクを作るのに使えます。代表的な製品は以下のとおりです。

代表的な軟水のミネラルウォーター

  • 六甲のおいしい水
  • い・ろ・は・す
  • 森の水だより
  • サントリー天然水
  • アルカリイオンの水
  • ボルヴィック(フランス)
  • クリスタルガイザー(アメリカ)

ただし、バナジウムについては、胎児や小児に与える影響がはっきりとわかっていません。医師によっては胎児・乳児にバナジウム入りのミネラルウォーターを使うことを推奨しないケースもあります。健康への影響が心配な場合は、医師や専門家に相談することをおすすめします。

ペットボトルのミネラルウォーターは、手に入りやすく種類が豊富で、長期保存できるメリットを備えています。特徴を生かして上手に活用していですね。

Copyright (C) 2014 健康のための正しい水の選び方【安全な水を求めて】 All Rights Reserved.
おすすめの電気自動車